ほうれい線をノックアウト!気になるほうれい線にはヒアルロン酸!!

年を重ねるごとに、深くなるほうれい線。

ほうれい線にシワがあると年齢よりも老けて見えやすくなり、女性にとってはマイナスポイントですよね。

さらに、一度ほうれい線のシワが深くなってしまうと、ちょっとスキンケアを変えただけでは、たるみの改善は期待できないでしょう。

しかし、“ヒアルロン酸注射”なら、ほうれい線に対する悩みを即日に解決することができるかもしれません。「このほうれい線、どうにかならないの?」「いつまでも若くありたい」と悩める女性に ヒアルロン酸注射は最適な解決方法ですよ。

 

なぜほうれい線ができるのか?

なぜ、ほうれい線はできてしまうのでしょうか?皆さんは、ほうれい線のことを「シワ」だと思いがちですよね。「ほうれい線にシワができた」というフレーズは、良く聞く話です。このように、シワが深くなることで、ほうれい線が目立つのだと考えるのが一般的

しかし、実際はシワではありません。ほうれい線のシワは若いときから存在しているもので、口周りと頬の境目のような役割をしています。では、ほうれい線が目立つ原因は一体何なのでしょうか?詳しく解説していきましょう。

 

ほうれい線ができる主な原因は「肌のたるみ」

ほうれい線が目立つ原因には「肌のたるみ」が関係してきます。もともと存在しているほうれい線のシワは、若い頃には肌にハリがるので目立ちにくい状態です。

しかし、加齢などの原因で肌にたるみが起きると、徐々にシワが目立つようになってきます。加齢も肌がたるむ原因の1つです。

年齢を重ねるとともに、肌のハリや弾力は失われます。その他にたるみが起きる原因として、紫外線からのダメージも関係してきます。

紫外線は主にUVA(紫外線A波)UVB(紫外線B波)に別れます。UVBは日焼けによって起こる肌を黒くさせるサバーン現象が起きますが、肌のたるみと関係するのはUVAです。UVAは肌の奥深くまで入り込み、肌の弾力やハリを保つ組織を傷つけます。

紫外線からのダメージを負った肌は、次第にたるみとして現れ、結果としてほうれい線のシワが目立つようになるのです。

紫外線を浴びたから、必ずしも肌のたるみと直結するわけではありません。しかし、若い頃に紫外線を浴びる環境が長ければ、将来的にたるみが起きやすくなる可能性も増えてくると言ってよいでしょう。

 

ヒアルロン酸注射でほうれい線を目立たなくさせよう

気がついたらほうれい線のシワ深くなっていて、驚いた経験はないでしょうか?「もう年なのね・・・」と、落ち込みたくなりますが、諦めるのはまだ早い!ほうれい線を目立たなくさせるのに「ヒアルロン酸注射」が活躍します。

近年、ヒアルロン酸注射はポピュラーなプチ整形として広まってきました。女性なら「ヒアルロン酸注射」と聞いてピンとくる方もいるでしょう。

そもそも、ヒアルロン酸注射とは一体どのようなプチ整形なのか?ヒアルロン酸注射の概要についてご説明していきます。

 

ヒアルロン酸注射とは?

ヒアルロン酸注射とはシワやほうれい線など、顔の気になる部分に注射することで、ハリのあるふっくらした肌を手に入れることができるプチ整形です。シワやほうれい線の他に、涙袋に注射をして、ふっくらさせることもできます。

気になる部分に注射をし、その場で効果を実感できるのがヒアルロン酸注射の利点でもあります。

 

ヒアルロン酸を肌に入れても大丈夫なの?

ヒアルロン酸を肌に注射することで、効果を実感できるのがヒアルロン酸注射の役目です。

注射をするとなると、ヒアルロン酸を直接肌に入れても大丈夫なの?と、心配になると思います。確かに、ヒアルロン酸注射は美容整形の一種なので、多少のリスクは避けられません。

しかし、ヒアルロン酸は、安全性の高い物質と認められています。もともとヒアルロン酸は体内に存在している物質なので、安心できる点も多く、特別な副作用が起きる可能性は限りなく低いでしょう。

 

ヒアルロン酸注射の相場

ヒアルロン酸注射は安全性を第一にするために、1本単位で販売しています。1本あたりの相場は4~5万円前後。

その他に手技料として、3〜5000円が上乗せされることもあります。また、初回限定で通常よりも低価格な料金で施術できるクリニックも増えてきています。この場の価格は3〜4万円前後。少しリーズナブルになるので、手の届きやすいのも魅力ですね。

 

ヒアルロン酸注射のメリット・デメリット

ヒアルロン酸注射の概要についてご説明してきました。次はヒアルロン酸注射のメリット・デリットについて。ヒアルロン酸注射をより深く知っていきましょう。

 

メリットについて

ヒアルロン酸注射のメリットは、肌に膨らみを持たせ、若々しく見せることができる点です。おでこの深いシワから、目尻の細かいシワまで対応可能。ほうれい線の深い溝を目立たなくさせることもできます。

その他には、おでこに丸みを持たせることもできれば、コケた頬をふっくらさせることもできます。また、メスを使った美容整形とは違い、ダウンタイムはほとんどありません。当日からシャワー・お化粧が可能です。

 

デメリットについて

ヒアルロン酸注射のデメリットは、吸収されてしまう点です。ほうれい線を目立たなくさせるためにヒアルロン酸注射をすると、一時的にふっくらさせることができます。

しかし、効果が持続するのは一時的。持続期間は3〜12ヶ月程度とされています。3〜12ヶ月と持続する期間に幅がある理由は、個人差や部位によって吸収される速度が違うから。

つまり、効果を持続させるには、定期的に注射するのが必要になります。また、注射をする際に多少の傷みが伴うのは外せません。内出血や腫れが起きる可能性もあります。一見すると良い面も多いヒアルロン酸注射ですが、少なからずリスクは起きてしまうのです。

 ヒアルロン酸注射でハリのあるエイジレスな肌に!

肌のたるみから、ほうれい線、ヒアルロン酸注射についてご紹介してきました。ほうれい線ができる原因は肌のたるみです。

そこで、ヒアルロン酸注射は、ほうれい線を目立たなくさせる方法の1つとして、最適な選択だと言えます。肌をふっくらさせ、ダウンタイムもないというメリットがあります。しかし、反対に一生効果を持続できないデメリットや、内出血や腫れのリスクも伴います。メリットやデメリットを踏まえた上で、専門のクリニックで施術を受けましょう。

TOP