【キレイなスタイルを作る】脂肪吸引について

医学的に確かなダイエット効果を得られると人気の脂肪吸引。

美容外科クリニックでは目玉メニューとして利用する人が多い痩身治療です。脂肪をダイレクトに除去してすっきりとしたボディラインが実現できる一方、安全なのか心配する人もいるようです。

現在、美容外科ではそれぞれのクリニックで特色ある脂肪吸引による治療を行っています。ここではその効果や注意点をはじめ、脂肪吸引の種類をまとめてみます。

 

脂肪吸引の効果がある部位は?

脂肪吸引はお肉が気になる色々な部位に効果があります。女性が脂肪を気にしやすい二の腕、お腹、太もも、お尻、ふくらはぎなど、部分痩せで人気の高い基本的な部位をカバーできます。

二の腕なら細さが出るので上半身のラインがすっきりします。

お腹ならウエストが引き締まって腰のくびれが出ます。ぽっこりとしたお腹が引っ込むので、ボディラインが出やすい服でも着やすくなります。

太ももお尻は脂肪がなくなって細さが出るだけでなく、ヒップ全体がきゅっと上がります。デニムパンツなどをよく履く人なら脚のラインを美しく見せることができます。ふくらはぎはふっくらした円みが取れて、直線的なラインが現れます。

 

脂肪吸引でもたらされる大きな効果

脂肪吸引は体内の脂肪部分だけを除去できるので、確実に痩せてボディラインがすっきりします。当然、脂肪吸引した分の体重も落ちます。とくにお腹やウエストのくびれ、ヒップラインは確実にアップします。

また、脂肪吸引は今ある脂肪だけを取り除くのではありません。それでは体重が増えるとすぐに脂肪が元通りになってしまいます。

そうではなく、脂肪細胞の数を減らすことができるのが脂肪吸引の大きなメリットです。太ると膨張する脂肪細胞の数が減るため、効果が持続します。

脂肪吸引した分、一定以上太ることはなくなるのです。したがって、太るリスクが減るのはもちろん、もし太ってもリバウンドしづらく痩せやすい体になります。

 

そして何と言っても脂肪吸引を利用すれば、自分が痩せたい部位の脂肪をピンポイントで取り除けます。

脂肪そのものを除去できるというダイレクトな方法のため、ダイエットや痩身治療の中でもっとも確実な効果が得られます。しかも、一度の脂肪吸引をすると1ヶ月から半年掛けてゆっくりと効果が得られます。体にも負担が少ないため、日常生活にも影響がありません。

 

脂肪吸引にはどんな種類があるのか

実は脂肪吸引の種類は一つではありません。美容外科クリニックによって導入されている方法が異なります。主な種類には次のようなものがあります。

 

ライポマティック

いま最先端の脂肪吸引法で、導入しているクリニックが多い方法です。脂肪吸引に高空気圧を使って振動のパワーが吸引力を高めます。これまでの方法より固い脂肪にもよく作用します。

また、回転式ハンドピースの採用で一度カニューレ(吸引管)を差し込めば、周辺の脂肪を静止したまま吸い取ることができます。

また、吸引中は脂肪のみにアタックする仕様なので、もし血管に当たっても自動的に停止します。これまでの脂肪吸引より施術できる部位がより広く、施術時間も短時間で済むので体への負担がほとんどありません。

 

ボディジェット

ジェット水流の力を使って脂肪を吸引する方法です。脂肪にカニューレ(吸引管)を挿入してジェット水流を流します。

脂肪組織と筋肉組織の間に水を噴射して、分離させます。ボディジェットは熱ではなく水の力を利用するので内部の火傷の心配がありません。

しかもジェット水流には麻酔液と止血剤が含まれているので、痛みがほとんどありません。さらに、脂肪組織のみを除去できるため、ダウンタイムと呼ばれる術後の経過変化も短縮できます。

 

脂肪溶解レーザー

スマートリポレーザーと呼ばれるイタリアの医療機器メーカーによるレーザー治療です。

まずレーザー用のカニューレ(吸引管)を脂肪組織に挿入して、レーザーを照射します。脂肪を溶解する効果の高いレーザーで、脂肪細胞を分解して蒸散させます。

そのまま脂肪を吸引するので、肌のたるみが出にくく、肌にナチュラルな脂肪除去効果が得られます。さらに、レーザー効果で皮膚内のコラーゲンを活性化するため、お肌を適度に引き締める効果もあります。

 

ベイザー法

超音波の力で脂肪組織を溶解して、そのままカニューレで吸引します。超音波の力を利用することで、脂肪細胞に振動を与えてやわらかくほぐせるため、脂肪を引き出しやすくなります。

また、ベイザー法は施術可能な部位が広く、吸引が容易なのが特徴です。約9割の脂肪を除去できます。ダイレクトに脂肪細胞を吸引するので、皮膚や筋肉への影響がありません。肌のたるみの心配がなく、スキンケア効果も期待できます。

 

シリンジ法

現在主流の脂肪吸引は機械で吸引力を高めて脂肪を取り出します。しかし、シリンジ(注射器)を引くときに生まれる陰圧(吸引力)によって脂肪を吸引します。最近は陰圧が一定して調節もしやすい機械による吸引法の影に隠れるようになりました。

 

脂肪吸引はメスを使わないから安全

レーザーやジェット水流をはじめ脂肪吸引はカニューレのみを差す方法なので、体を切らない方法です。

したがって、手術による痩身治療に比べると体への負担がとても少なく済みます。また効果がゆるやかでゆっくりと施術部位に変化が現れます。

目に見えて効果が時間できるのは1ヶ月程度からです。本格的に効果が定着するまでには3ヶ月から半年程度掛かります。ですが、時間がある程度必要な分、体調へのダメージを抑えることができます。

 

脂肪吸引がおすすめな人

体重が気になる人ぽっちゃり感が増してきた人はもちろん、接客業で常に人と接する仕事や思い切り遊びを楽しみたい学生におすすめです。

ただし、運動習慣のある人や仕事で体をよく動かす人は施術後1週間程度、体が動かしづらくなります。休暇を利用したり、繁忙期を除いて通院計画を立てるなど、工夫をしてみてください。

 

まとめ

脂肪吸引は美しいボディラインを手軽に手に入れることができる理想的な痩身治療です。

種類も豊富で自分に合った吸引法を選べるのも魅力的です。体への負担も少ないため、安心して受けることができるでしょう。

TOP