豊胸のメリットデメリットについて

理想的な体になる為に整形と言う手段を選択肢の中に入れる事も珍しく無くなってきました。

特にプチ整形などと言われ、メスを使わない施術が出来たりと、手軽さなどからひと昔前の様に大げさでは無く、術後の経過も時間がかからずに通常の生活に戻る事が出来る方法も出てきました。

豊胸に関しても色々な方法で希望のバストを手に入れる事が出来る様になりました。

豊胸手術にはどの様な方法があって、メリットやデメリットはどの様な事があるのかまとめてみました。

 

シリコンによる豊胸

 シリコンは昔から行われてきた方法です。

歴史があるので10年後にはどの様な経過をたどる事が多いのかという事が分かっているので、将来の想像をする事が出来ます。

またメリットとしてはサイズを理想のカップに近くする事が出来ます。

これは、シリコンは吸収する事が無いので、理想の形やカップを選択して選ぶ事が出来るので、大きさを重視したり、持続性を求めたい人に向いています。

また脂肪注入やヒアルロン酸には250CC程度がしこりにならずに出来る限界と言われているので、1カップ程度の効果しか見込む事が出来ませんがシリコンであれば2カップ3カップも可能になってきます。

 

また、脂肪吸引する必要が無いので痩せている人でも受ける事が出来ます。

また自分の好みの形のバックが選択する事が出来るので、ある程度胸の形を希望通りにする事が出来ます。

シリコンは吸収する事が無いので、形を維持する事が出来ますし、寝た時などでも形が崩れる事が無い点もメリットになっています。

 

デメリットとしては、定期的のメンテナンスが必要な事や10年程度で入れ替えが必要になってくる事が多いからです。

バックは人工物な為、異物としてみなされる事があるので、シリコンの周りに被膜を作ってしまい(カプセル拘縮)硬くなってしまう事があるからです。

こちらは個人差があるので必ず起こるわけではありませんが、誰にでもリスクはあります。

またシリコンバックの周りの被膜が炎症を起こしたりと、繰り返すと石灰化が行ってしまいその部分にカルシウムが沈着してバックの破損に繋がってしまいます。

術後はマンモグラフィを受ける事が出来なかったり、レントゲンにうつってしまう事もあります。

 

また脇や目立たない所からバックを入れますが、どうしても傷後になってしまいますし、抜去する際にも切開して抜去しなければならない点があります。

手術をしてから回復するまでのダウンタイムに時間がかかる点もデメリットとして挙げられます。

 

ヒアルロン酸による豊胸

ヒアルロン酸はメスと使わない手軽さからプチ整形とも呼ばれ切開したり、時間があまり取れない人にとっては人気の施術です。

ヒアルロン酸自体は元々体内にある物質なので、異物として扱われる事が無い物質なので安全性が高いと言われています。

 

また大きく変化を求めたい人もいますが、大部分は人にはあまり知られる事が無く、理想的な体になりたいと思っている人が多いです。

そんな時に左右差を治したり少しだけデコルテラインをふっくらさせたいなど他人から見ても不自然さが少ないと言われています。

またダウンタイムが少ない事から手軽さが人気です。

こちらも脂肪を吸入する事が無いので痩せた人でも行う事が出来ますし、局所麻酔で行うので全身麻酔に抵抗がある人にとっては人気です。

 

ヒアルロン酸にも良い点だけでは無く、デメリットもあります。

体にある物質なので、安全性が高いのですが、その分吸収してしまって持続性が無い事です。

個人差がありますが2年程度で吸収されてしまう事が多いです。

長く効果を持続させたい場合には他の方法を選択する事が望ましいです。

 

またヒアルロン酸も注入する量に限界があるので、1度に大幅なサイズアップを望むのは難しいです。1カップ程度の大きさを目安にしておくと良いと言われています。

また吸収されないで硬くなってしまって手触りに違和感を覚える事もあります。

硬さが出てしまう事もあるので、繰り返し施術を行う事は避けた方が良いと言われています。

料金面でも1CCの値段で表示されているので、実際に片方100CCずつ入れて200CC分の料金になってくると思っていたより金額が上がってしまう事もあります。

 

その他に麻酔代などが別の場合もあるので、カウンセリング時にしっかりと把握しておく事が大切です。

 

 

脂肪注入による豊胸

脂肪吸入をして自分の脂肪を注入する方法なので、異物として扱われる事が少なく安心と言われている方法です。

また気になっている太ももお尻などから脂肪を吸入する事が出来るので、ボディラインも変わる事が出来る点もメリットになっています。

最近では、コンデスファットと呼ばれる、純粋な脂肪だけを注入するやり方で定着率も上がってきていると言われています。

こちらの定着率は80パーセント程度と言われているので、持続性を求めたい人にも向いている施術です。

デメリットとしては脂肪吸入も行うので、回復に少し時間がかかる点です。理想のボディラインに近くなる事は出来ますが、それまでに少し時間がかかります。

また術後の経過にもよりますが、何回かは通院をしなければならない点もあります。

また脂肪の注入する量にも注意が必要です。

あまり多く入れてしまうと血液が周りにくくなり石灰化してしまう可能性があるからです。

リスクが無い様に250CC程度を上限として1か所に入れずに分散して注入する事が大切です。

 

この辺は先生の技術にもよるので、出来れば症例数の多いクリニックを選択すると安心感があります。

カウンセリング時にしっかりと相談に乗ってくれる事や出来る事と出来ない事をはっきり言ってくれるなど信頼する事が出来るドクターを探す事も満足度の高い治療を受ける点では必要です。

 

まとめ

豊胸手術でもいくつか方法があり、自分の希望にどれがあっていて、予算の面や生活スタイルに合っているかなど、施術前に判断してから治療すると安心です。

今後の生活で支障をきたしてしまってはせっかく理想の体に近くなる為に施術しても満足度が低くなってしまいます。

カウンセリングをしっかりとして納得した上で施術する事が大切です。

TOP