ブルドッグ顔になりたくない!たるみの予防方法

はじめに

ふと鏡を見たり、写真を見たときに、お顔のたるみやしわがひどくなっていると感じたことはありませんか?

お顔がたるむと実年齢よりかなり老けて見えますし、不機嫌なのかな?と思われることも・・。

そんなお顔のたるみやしわを防止するためにはどうすればいいのでしょう。

ここでは、お顔のしわやたるみを防止するための方法についてお教えしたいと思います。

しわやたるみの防止法とは?

高保湿化粧水で保湿する

コラーゲンやエラスチンをお肌に保つ上で必要不可欠なのがお肌にうるおいを保ち続けることです。

うるおい不足になるとお肌は機能を果たせなくなり、たるみやしわはどんどんひどくなります。

さらに、ほうれい線はお肌が乾燥するとよりはっきりするそうです。

ふっくらうるおいのあるお肌にすれば、目立たなくできるので保湿にポイントを置きましょう。

このとき、お肌の内部にある保湿成分ヒアルロン酸コラーゲンセラミドが入った高保湿化粧水をコットンに含ませ、パッティングするようにしましょう。

もし、時間があればそのコットンをお顔に貼ってコットンパックを行いますとお肌の奥まで保湿できますよ。

よく噛むこと

日ごろの生活の中で顔の筋力アップに効果があるのがよく噛むこと。

大人になってから歯科矯正した方は、矯正が終わるとマリオネットラインが出る場合が多いです。

その理由は、矯正中にしっかり噛めないためだと言われています。

しっかり噛んで食べるということは、顔の筋肉を鍛えたるみやしわを防止できますので、一口当たり30回は最低でも噛みましょう。

もしできないという方は、最初の一口だけでも行うようにしてくださいね。

それだけでも自然に食事全体の噛む回数が増えるため、筋肉を鍛えることができるはずですよ。

エイジングケア用のクリームを使う

もし、すでにしわやたるみができていたら、高保湿化粧水のみでは間に合わないことも。

そんな場合にはエイジングケア用のリフトクリームを使い、お肌の中に栄養を届けましょう。

このクリームには以下のような成分が入っているものが理想的です。

ビタミンC

ビタミンCはコラーゲンの生成を促してお肌の新陳代謝を活発にしてくれるアンチエイジングに不可欠な成分のため、ぜひ取り入れたりです。

レチノール

この成分は傷ついた細胞の再生を促進する成分で、しわに特に効果があると言われており、口元のたるみにも効果があります。

プラセンタ

この成分は胎盤から取り出した成分ですが、成長因子の一つ繊維芽細胞増殖因子があり、エラスチンやコラーゲンの生成を促す効果があります。

意識して笑う

顔の筋肉は笑う時によく使われると言われています。

実際にいつも笑顔の人はお顔のたるみが少ないと言われており、笑うだけで顔の筋トレが行えると言ってもいいほどです。

毎日の生活の中に微笑み、笑顔、爆笑など、いろいろな種類の笑いを作るように努力してみませんか?

もし、気分がそこまで上がらないという時には、せめて口角をアップする運動をするだけでもかまいませんよ。

このやり方としては、口角をこれ以上上げられないというところまで上げ、そのまま10秒程度キープするだけです。

笑顔はそれ以外にもさまざまな効果がありますので、日ごろの生活の中で気づいた時に何回でもやってみていただきたいですね。

睡眠をたっぷりとる

エラスチンとコラーゲンを作る繊維芽細胞を活発にするため、必要不可欠なの睡眠です。

寝ている間には成長ホルモンが分泌され、このホルモンによりお肌の生成が進むと言われています。

ですが、睡眠が不足してしまうとこのホルモンが十分に分泌されなくなり、お肌の新陳代謝が落ちてエラスチンやコラーゲンが生成されづらくなります。

さらに、エラスチンやコラーゲンが生成されないとお肌の老化はどんどん進みます。

しわやたるみが目立つお肌にエラスチンやコラーゲンを届けるには、睡眠をたっぷりととる必要がありそうですね。

寝ようしてもすぐに寝つけないという方は、ベッドに入ってからもスマホを触ったりしているはずです。

パソコンやスマホの光には脳を刺激する作用があると言われているので、寝る2時間前には触らないようにしましょう。

バランスのとれた食生活

お顔のしわやたるみを防止するには、エラスチンやコラーゲンを増やすことが先決です。

そのためにはいろいろな栄養素をバランスよくとりたいものですね。

特に、たんぱく質ビタミンC、亜鉛は日ごろから意識的にとるようにしましょう。

まず、たんぱく質はエラスチンやコラーゲンの生成の元になり、ビタミンCと亜鉛はエラスチンやコラーゲンを作る繊維芽細胞を活発にする効果があります。

たんぱく質を多く含む食品

たんぱく質は肉や魚、大豆、卵などに多く含まれており、毎回の食事でどれかは必ず取り入れていただきたいです。

ビタミンCを多く含む食品

ビタミンCはフルーツに多く含まれており、朝旬のフルーツを食べると効果的です。

その中でもキウイやレモン、イチゴなどは特にビタミンCが多いと言われています。

亜鉛を多く含む食品

亜鉛は豚レバーや牡蠣、牛肉などに多く含まれていますが、毎食食べるのは困難なので、サプリなどで補給するといいかも。

禁煙する

しわやたるみの原因の中にたばこがあります。

たばこを吸うとコラーゲンの生成に大切なビタミンCが破壊されてしまい、さらに活性酸素が大量に発生するので、細胞がどんどん酸化された結果、皮膚は老化してしまうのです。

さらに、コラーゲンを分解する酵素が活発化するので、コラーゲンの生成より分解の方が大きくなり、しわやたるみの原因になると言われています。

なので、たばこを吸う方はぜひこれを機会に禁煙してみてはいかがでしょうか?

まとめ

以上がしわやたるみを防ぐ方法についてでした。

お顔のしわやたるみはいったんひどくなると元に戻すのは難しいものです。

鏡を見てたるんできたな・・と思ったら、すぐに上でご紹介した方法を始めてみるといいでしょう。

まだ初期であればしわやたるみを改善することだってできるはず。

今日からすぐにやってみてはいかがでしょうか。

 

TOP