海外で大人気!魅惑のヒップを手に入れるヒップメイキング施術とは

 

「セクシーなヒップになりたい」または「お尻のたるみが気になる…」といった悩みを持つ方は多いもの。

海外セレブや、海外のモデルさんは日本人にないようなキュッとして上向きな、セクシーなお尻が特徴的ですよね。

日本人は、数年前までは小さいお尻を好む傾向が強かったのですが、最近はキュッとあがったボリュームがあるお尻の人気が上昇しています。

今回はそんな理想で魅惑的なヒップを手に入れる「ヒップメイキング施術」についてご紹介します。

 

 

ヒップメイキング施術とは?

ヒップメイキング施術とは、自分のウエストや太ももなどから採取した脂肪を、お尻に注入する方法です。

今まではヒップメイキングという名ではなく「豊尻術(ほうこうじゅつ)」と呼ばれることが多く、施術方法はシリコンプロテーゼをお尻に注入して、厚みを出すことが主流でしたが、施術後、非常に不自然な見た目になるため日本ではあまり受け入れられませんでした。

そこで、最近は先述したように、自分の脂肪をお尻に注入する「ヒップメイキング施術」が生み出され、理想的なお尻となり、身体にメリハリも出ることから、施術者の満足度が高く、日本でも広く普及されるようになりました。

例えば、海外セレブだと、パリス・ヒルトンの友人兼スタイリストであることでメディアの注目を集めたキム・カーダシアンや、その妹の黒江・カーダシアン、アメリカのモデルで有名なアンバー・ローズなどがヒップメイキング施術をしていることも注目を浴びました。

 

ヒップメイキングの方法とは?

施術方法は、脂肪吸引と同じ方法です。ウエストや太ももなど、たくさん脂肪がついている部分から注入に必要な量だけ脂肪吸引を行います。

そして、吸引した脂肪の余分な水分を除去して、濃縮した脂肪をヒップに注射器で注入し、理想のボリュームがあるヒップを作ります。

また、加齢によるお尻のたるみの解決には、垂れ下がった部分を吸引し、ヒップの上部に注入し、プリっとしたヒップを作り上げます。

注入時には局所麻酔を行うので、施術時の痛みを少なくする工夫をしているクリニックが多いです。

 

ヒップメイキングのメリットは?

メリットを項目ごとにご紹介します。

施術時間が短いこと

施術時間は約3時間(個人差があります)です。施術後から歩くことができます。しかし、麻酔の影響で眠気が抜けない方も多いので、休息をして帰宅する方が多いです。ただ、入院の必要がないので安心です。

 

施術中の痛みがほぼないこと

脂肪吸引部分と、注入部分には局所麻酔を行うため、若干の痛みは伴いますが、施術中はほぼ痛みを感じません。また、施術後の痛みは内服薬が処方されるので安心です。

 

自分の脂肪を注入するから安心であること

先述した通り、シリコンプロテーゼを入れるのではなく、ヒップメイキング施術は自分の脂肪を注入します。そのため、異物を入れないので安心です。

 

長期間の持続効果があること

注入した脂肪の定着率が高く、持続期間が長いので、長期間持続する効果があります。

 

◇メスを使わないこと(切らないこと)

メスを使って切らずに、吸引部分と注入部分を小さく切開して注射器(吸引器/カニューレ)を挿入するので、大きな傷跡が残ることもありません。

 

ヒップアップメイキングで気を付けることは?

ヒップアップメイキング施術後に気をつけるべきことをご説明します。

腫れがあること

施術後は腫れが起こることが多いです。いわゆるダウンタイムです。しかし、この腫れは平均1週間で5割ほど改善され、完全に腫れが引いて理想のヒップが仕上がるのが1~2か月だと言われています。

そのため、施術後腫れが起こっても、最大1~2か月で引くことを理解しておくことが大切です。万が一、ひどい痛みや炎症が起こった場合は、施術を受けたクリニックのアフターケアを受診することをおすすめします。

 

内出血が起こること

施術後はほとんどの確率で内出血が起こります。吸引し注入した脂肪量や施術時の出血量によりますが、平均1~3週間で内出血は消えるので、内出血が起こることを理解しておくことが大切です。

 

傷後は約2か月~6か月で目立たなくなること

メスを使わないといっても、脂肪吸引と注入を行うので、3~5mm(脂肪量にもよります)の小さな傷ができます。しかし、平均2か月~6か月で傷もふさがり、目立たなくなります。傷跡が気になると思いますが、ほとんどの場合が目立たなくなるので安心しましょう。

 

入浴は3日間禁止であること

吸引部分、注入部分の傷があるため、施術後3日間は入浴をやめましょう。その3日間は、タオルで身体を拭くなど、工夫をして乗り越えましょう。

施術後平均4日後からシャワーが可能で、1週間後から入浴が可能になります。そのため、施術時期を検討する際は、夏を避けるのか、冬を避けるのかじっくり考える必要があります。

 

アルコール・運動は1週間控えること

出血がある施術のため、アルコールは1週間控えましょう。ちなみに運動も同様です。また、ハードな仕事をしている方もあると思いますが、ハードワークもできるだけ1週間控えましょう。

 

この5点を理解して施術の検討をすることをおすすめします。

 

 

気になる費用は?

ヒップメイキング施術の費用についてご紹介します。

ヒップメイキング施術はクリニックによって費用が異なる傾向があります。

施術前の麻酔、施術後の内服薬、脂肪吸引、注入の基本セットプランを組んでいるクリニックが多く、平均で1,000,000円~1,500,000円で施術をしているところが多いです。

高額なのは、それだけ持続効果が高く、メンテナンスを必要としていないことが原因です。

 

また、最近主流になっているヒップメイキングですが、かつて多かった「シリコンプロテーゼ挿入施術」は平均700,000円~1,000,000円で半永久継続(体重増加や減少などでメンテナンスは必要です)、

「ヒアルロン酸注入施術(ヒアルロン酸を注入してヒップアップをする施術方法)」は平均片方100CC注入で、両方ヒアルロン酸を注入300,000円~500,000円、持続期間は1~2年半だと言われています。

これらと比較すると、ヒップメイキング施術は、シリコンプロテーゼ挿入に比べて傷は小さいですし、ヒアルロン酸注入より高額になりますが、圧倒的に、持続期間はヒップメイキング施術の方が長期間です。

そのため、ヒップメイキングを検討している場合、身体への負担や、持続期間について考えられた場合、ヒップメイキング施術はおすすめの施術です。

 

ヒップメイキング施術で魅惑のヒップを手に入れましょう!

今回は、近年日本でも人気上昇中の「ヒップメイキング施術」についてご紹介しました。何事にもメリット、デメリット(気を付けるべきこと)はありますが、ヒップアップを検討している方は、ぜひ一度やってみてください。

 

TOP