なぜニキビ跡になってしまうの?ニキビが跡になるメカニズムとは

ニキビには跡になってしまうものと治す事が出来るタイプの物があります。

凸凹になってしまってクレーターの様になってしまうと跡になってしまって中々元通りにする事は難しいと言われています。

ニキビにはどの様な種類があるのでしょうか。

またニキビはどうして出来てしまって、それがニキビ跡になってしまうのかまとめてみました。

 

ニキビの出来るメカニズム

ニキビはいくつかの要因があって出来る事が多いです。

一般的には思春期の時期の出来る事が多いとされていますが大人ニキビと言われる大人になってからのニキビもあります。

 

出来やすい部分もあり、皮脂成分の分泌の多い、背中胸元などに出来やすいと言われています。

ニキビは毛穴が詰まってしまって炎症を起こしてしまう事によって起こると言われています。

 

思春期のニキビに関しては皮脂の分泌が多く、角栓が出来てしまって出来る事や男性ホルモンが活発化して皮脂が過剰に分泌してしまう為出来てしまう事が多いです。

 

大人ニキビと言われる原因はストレスで毛穴が収縮してしまったり、肌バリアの機能の低下が起こる事が原因の1つと言われています。

またホルモンの影響も関係していると言われています。

男性ホルモンはもちろん、女性ホルモンや卵胞ホルモンのバランスが崩れる事によっても発生を促してしまいます。

女性では生理前になるとニキビが出来やすくなるのはこの為です。

 

また乾燥肌睡眠不足なども原因になりますし、細菌でアクネ菌なども条件が揃うとニキビを悪化させる原因になります。

 

これらの条件が揃った際にニキビが発生してしまいます。

早期に正しい治療をするとニキビは跡にならないと言われているので、正しい知識と対処が必要です。

 

ニキビ跡になってしまうニキビの種類

 ニキビには自然に消えてくれるニキビと跡になってしまうニキビの種類があります。

一般的に赤みがあるニキビや色素沈着のニキビについては跡にならずの肌が再生していく過程で消えてくれると言われています。

 

凸凹してしまっているクレーターの様なタイプのニキビは自然に自分で治す事は難しいと言われています。

ニキビがひどく炎症を起こす原因はニキビの原因菌と言われるアクネ菌と戦う事が原因になります。

これは赤ニキビで多く起こり、赤ニキビは治りにくいと言われています。

 

ただ必ずしも赤ニキビが凸凹の跡になってしまうかというとそうではありません。

凸凹跡になってしまう分かれ道は肌が再生しない真皮層までダメージが及んでしまった場合です。

 

凸の状態はダメージが真皮層まで及んでしまっていて、肌が再生をする事が出来ない状態にまでなってしまっています。

肌は再生を繰り返しているので、跡にならない為にはここで再生する事が大切なのです。

 

凹の状態になっている場合には傷跡を修復しようとしているのですが、真皮層の組織が増えすぎてしまっていて修復する事が出来なくなった状態です。

 

両方共肌の真皮層までダメージが及んでしまった事によって肌の状態が元に戻す事が出来なくなった状態です。

 

こんな状態にならない様にはどの様なケアをしていく事が大切なのでしょうか。

 

基本的な事ですが、睡眠を十分にとって、食事も規則正しい生活をする。

ニキビが出来てしまってもつぶしたり、余計な刺激を与えない事や正しいニキビのケアをしておく事は大切です。

 

 

ニキビ別のケアの方法

 初期のニキビのケアの方法

毛穴が詰まってしまって角栓が塞いでしまっている状態で、皮脂が詰まりやすくなっています。

この状態ではニキビと認識する事が難しいですが、日頃からのスキンケアで保湿をしっかりとしてあげる事でニキビがひどくなってしまう事を防ぐ事が出来ます。

この段階では保湿とホルモンバランスが崩れない様にしてあげる事が大切です。

 

赤ニキビのケアの方法

赤ニキビはニキビが炎症を起こしてしまっている状態です。

これは皮脂やアクネ菌によって炎症が起きてしまっているので、腫れなどが出てきてしまっています。

これは跡になってしまう原因にもなる段階なので、慎重に治療する事が大切です。

抗生物質などでアクネ菌をコントロールしてあげる事が大切です。

アクネ菌の炎症などを抑える事が出来ます。

ただ、対処療法なので、毛穴が詰まりやすかったり肌が乾燥したりホルモンバランスが崩れてしまってはまたニキビを繰り返してしまいます。

根本的に改善するのはこれらの事を治していく必要があります。

 

ニキビ跡になってしまった場合

ニキビ跡になってしまった場合には、自分では中々改善する事が難しいので、クリニックなどで治療していく事が結果を出しやすいです。

 

ニキビ跡にも色々な種類があるので、その症状によって施術も異なってきます。

クレーターの様な凸凹のニキビに有効なのは、レーザーに治療です。

レーザー治療によって、コラーゲンを増産させて肌再生を促します。

そして癒着してしまった深刻な凸凹のニキビを再生させていくのです。

 

ニキビによる色素沈着にはケミカルピーリングが有効です。

肌のターンオーバーを促進して新しい皮膚になる様に促していくので、シミやくすみにも同時に効果があると言われています。

ニキビにも効果的ですが、肌の質感も変化するので、お顔全体が明るい印象になってきます。

通常の生活をしていても受ける事が出来る施術なので、仕事が忙しい人などでも安心して施術を受ける事が出来ます。

 

まとめ

ニキビはその状態によってもどの様な治療をしたら良いか変わってきます。

早い段階では治療も短時間で治療しやすいのですが、赤ニキビやそれよりもっと悪化した膿を持ってしまったニキビなどでは治療に時間がかかってしまいます。

まず炎症を抑える所から初めて治療して、ニキビになりにくい体質を目指していくので、かなり時間がかかってきますし、悪化すればするほどニキビ跡になってしまいやすいリスクが出てきてしまいます。

そんな状態にならない様に、洗顔や保湿をしっかりして、生活習慣を改善してもニキビが中々改善しない場合にはクリニックに相談する事も1つの方法です。

 

無料カウンセリングを行っているクリニックもありますし、気になった所を相談してから施術を決める事が出来るので安心です。

肌の悩みを改善する事で笑顔に自信が持てたり、すっぴんの状態でも気にならなくなったりとメリットは多いです。

一人で悩んでいるより、専門家のアドバイスでコンプレックスを解消する近道になる事もあります。

TOP