もう汗染みを気にしない。ボトックス注射で多汗症の悩みを解消

わき汗をたくさんかいてしまって、シャツの汗染みに恥ずかしい思いをしたことはないでしょうか。汗をかきやすい体質の人は汗のケアが大変です。

汗染みが気になるほど汗をかく人の中には、単に体質的に汗をかきやすい場合と病気の症状として大量の汗をかいてしまう場合とがあります。とくに多汗症は世間一般にイメージされているより悩む人の多い病気です。

 

なぜ汗染みになるほど汗をかいてしまうのでしょうか。多汗症の原因やボトックス注射で治す方法をご紹介します。

 

とても多い汗染みの悩み

汗をかくのは健康のバロメーターです。ブームになったデトックス冷えとりなど、健康法の多くは汗をたくさんかいて体内の老廃物を出してしまおうというものだからです。

冷え症の人の多くは、気温が高くても運動をしても汗をかきづらいという特徴があります。

そもそも汗は体温を調節するためにかきます。運動をして体温が高くなったり、トウガラシやコショウなど香辛料を食べると汗をかいて体温を下げようとする自然のメカニズムです。

体の中で一番汗をかくのはわきです。たくさんの汗や汗染みの悩みはわきに集中しています。それは汗を出す汗腺がわきに多く集まっているためです。

わきは体温を効率よく下げるのに最適な部位です。発熱したときわきを氷で冷やすとよいのも、そういう理由からです。

したがって、多汗症の中で一番悩みを持つ人の多いのはわきなのです。

 

多汗症の症状と原因

多汗症は必要以上に汗をかいてしまいます。わきだけでなくひたい背中おなかまわりなど、汗腺の発達している場所ならどこでも症状が現れます。

 

多汗症は汗をかきやすい体のパーツの汗腺が異常に活動してしまうのが原因です。とくにエクリン腺の働きが強い人ほど汗が多くなります。

また、精神的な問題もあります。人前で話したり、大事なイベントの前になると緊張して汗をかくことはありませんか。これは精神性発汗と呼ばれるもので、メンタル的に動揺するとかいてしまう汗です。

 

どんな人が多汗症になりやすい?

たくさんの汗で服の汗染みが気になるほどの人の多くは共通する特徴があります。

 

冷え症

手足の冷えが一日中続く人は末梢血管の流れが低下していて体温をきちんと維持することができません。

冷え症のタイプには汗をかけない人汗をたくさんかいてしまう人がいます。このうち、冷え症が進行すると、体温調節機能がうまく働かず、汗を大量にかいてしまう場合があります。

 

運動不足

体を動かすと体温を下げようと全身から自然に汗をかきます。

普段、運動習慣のあまりない人ほど、汗をかかないので汗腺が怠けてしまいます。そこで汗が汗腺が集中しているわきに集まってしまって、汗染みするほどの大量の汗をもたらします。

 

食生活の乱れ

肉や刺激物、アルコール、加工食品など、体に負担を掛けやすい食事に偏っている人ほど汗をかく機能がうまく働かないことがあります。バランスの良い食生活を送らないと、血流が悪くなって汗の調節が効かなくなります。

 

ストレス

ストレスや不安な状態が続いている人ほど、常に緊張しているため精神的発汗が起きやすくなります。手足やわきやメンタル的に負担が大きいときほど汗がたくさん出ます。

 

多汗症治療の方法

多汗症の治療は皮膚科や美容外科、内科など、複数のアプローチが考えられます。ここでは一般に良く使われている治療法をご紹介します。

 

塗り薬

塩化アルミニウムが主成分のクリームを塗る方法です。メカニズムはとてもシンプルで塩化アルミニウムが汗腺の穴を塞いで中から出てくる汗を防いでくれます。塗り薬による方法はあくまで対症療法なので、軽い多汗症や他の治療法と併用するケースが多くなっています。

 

漢方薬

体質改善によく使われる漢方薬は、多汗症を元から断って体調をよくしてくれます。とくにホルモンバランスや精神的な原因が考えられる多汗症には効果が高いといわれています。

 

イオントフォレーシス

手や足を水に浸けてそこに電流を流して治療する電気療法です。さまざまな多汗症に効果が高いイオントフォレーシスですが、1〜2週間ごとに治療を受けなければ効果を維持できないのが難点です。

 

ボトックス注射とは

ボツリヌス療法とも呼ばれていて、美容外科ではシワやタルミを取るのに使われます。ボツリヌス菌を症状の気になる部位に注射すると、アセチルコリンと呼ばれる神経伝達物質の分泌をコントロールします。

発汗を促す作用があるアセチルコリンが少なくなることで、汗腺の中のエクリン腺の働きを抑えることができます。治療後、早ければ数日で汗の出が少なくなっていきます。一度注射をすれば、半年程度効果が持続するので手間が少なくて済みます。

 

ボトックス注射の相場

しわ治療なら1万円程度から受けられるクリニックもあります。しかし、多汗症の治療の場合は7、8万円から10万円を超すところが多いようです。

このような料金の違いは、使用するボトックス注射のメーカーによって生まれます。

 

ボトックス注射のポイント

ボトックス注射は早ければ3日程度で汗の量が少なくなります。1回注射をすれば半年程度効果が持続するため、汗染みが気になりやすい春に注射をしてもらうといいでしょう。

注射が苦手な人でも痛みをほとんど感じない細い注射針を使うので安心です。また、わき汗を抑えても他の汗腺に汗が回ってそこから発汗します。汗の出口が分散されるというだけなので、体調への心配もありません。

 

まとめ

恥ずかしいぐらいの汗染みは根本的な解決をしたいものです。

多汗症の治療にはさまざまな方法がありますが、なかでもボトックス注射は「長期間効果が持続する」「効果と費用のバランスが良い」「ケアが要らない」などメリットの多い治療法です。

汗のメカニズムに働きかけて多汗症を改善するのにベストな方法の一つといえるでしょう。

TOP