大人ニキビの治し方!なるべく早くニキビを治す4つのポイントとは?

大人ニキビが出来てしまうと気になって気分も下がりますよね。

思春期ニキビとは違い、なかなか治りにくかったり繰り返したりと頑固な大人ニキビに悩まされている女性も多いです。

手遅れになる前に一刻も早く治したい大人ニキビに効果的な4つのポイントを解説します。

正しい洗顔+規則正しい生活で「美肌」になる

結論から言いますと、ニキビが出来にくい肌の環境にするのに一番手っ取り早く確実な方法は正しい洗顔方法+規則正しい生活を送ることです。

ではそれぞれのポイントについて見ていきましょう。

美肌には正しい洗顔が命!

まず第一に「正しい洗顔」が大人ニキビのない美肌になるために必要不可欠なことです。

洗顔は毎日行うものなので、日々の積み重ねで何年後かに大きな差となって現れてきます。

洗顔ポイント①朝晩2回の洗顔

「肌が汚い状態=ニキビが出来てしまう」という考えは間違っているわけではありませんが、清潔に保とうと1日に何度も洗顔をすることは望ましくありません。

ニキビを一刻も早く治したい気持ちは分かりますが、1日に2回以上洗顔を行ってしまうと肌が「乾燥」している状態を招いてしまいます。

乾燥はお肌にとって最も避けたい状態!!!

でも皮脂が出ているのもニキビの原因になるのでは…?と疑問に思うかもしれませんが、肌が皮脂を分泌するのにもきちんとした理由があります。

肌は乾燥や外からの刺激・ホコリやウィルスなどに晒されている状態にあり、そのような外からの刺激から肌を守るバリア機能として皮脂は分泌されます。

ただし過剰なまでの皮脂はニキビの原因になるので適度な量の皮脂は必要になるということですね。

しかし、洗顔をたくさんすることで必要な皮脂まで洗い流してしまうと肌が乾燥した状態になり、バリア機能が低下してしまいます。

そうなると肌を守ろうと余分に皮脂を分泌してしまい、ニキビが出来やすくなる→さらに洗顔をする→乾燥が進む…といった悪循環に陥ってしまいます。

こういった理由から洗顔のし過ぎは禁物というわけです。

洗顔ポイント②ぬるま湯・泡で洗顔する

洗顔のし過ぎはよくないというものの、汚れをしっかり落とさないとニキビの原因となるので、1度でしっかり洗顔することが大切になります。

洗顔のポイントは以下の3つになります。

  1. ぬるま湯で洗顔をする
  2. 泡立てネットなどでしっかりと泡立てる
  3. 肌をこすらない

まず、洗顔する前に顔を濡らしますよね。この時の注意点として必ず「ぬるま湯」で濡らすようにしましょう。

毛穴を開かせる+お肌に負担にならない適切な温度は36度前後です。

乾燥肌の人の場合は34~36度、敏感肌の人は28~32度で洗顔をしてください。

ぬるま湯で毛穴が開いた後は、泡立てネットなどでしっかり泡立ててから洗顔です。

弾力のある泡でないと汚れが吸い付きにくいのでよく泡立てるようにしてください。

そして洗う際は直接肌をこすらないように円を描きながらやさしく洗顔しましょう。

洗い流す際もぬるま湯ですすぎ残しのないよう、しっかりと洗い流します。

規則正しい生活で内側から健康になる

正しい洗顔方法は以上になりますので、次は規則正しい生活についてです。

ポイント①ニキビに効果的な良質な睡眠

睡眠不足になってしまうと自律神経のはたらきが乱れ、皮脂の分泌量が多くなってしまいます。

さらに寝ている間に肌のターンオーバーなどを行っているので十分な睡眠時間が確保できていないと、綺麗な肌に生まれ変わることが出来なくなります。

ちなみにお肌に良いとされる睡眠時間は7時間半です。

また、お肌のゴールデンタイムと言われる22:00~2:00の間には寝ている状態にあることが理想的です。

22時に眠ることはなかなか難しいかもしれませんが、起きる時間から逆算して7時間は寝るようにしたいですね。

ポイント②食事に気を付ける

食事は自分の体の基礎となりますので、美肌に必要な栄養素を摂取することも重要。

ニキビが出来にくくするためには野菜と果物を積極的に食べるようにしましょう。

野菜や果物の中に多く含まれるビタミン類が美肌になるためにはたらいてくれます。

ニキビに効果的なビタミン類一覧は以下になります。

  1. ビタミンC(肌の再生を助け、ニキビの赤みを防ぐ)
  2. ビタミンA(肌の再生を助け、肌にハリ・ツヤを与える)
  3. ビタミンE(血行を良くして、肌を美しくさせる)
  4. ビタミンB2(肌の再生を助け、取りすぎた脂分を分解する)
  5. ビタミンB6(肌を健康に保ち、取りすぎた脂分も分解)

これらのビタミン類を多く含んでいる食材として

■納豆

■ほうれん草

■イチゴ

■キウイ(皮ごと食べる方と良い)

■アボカド(食べすぎは太るので注意!)

■ピーマン

■パプリカ

■ブロッコリー

■いわし

■さんま

などが挙げられます。

中でも納豆、キウイ、アボカド、ブロッコリー、イチゴあたりは栄養価も高いのでぜひ積極的に食べて欲しい食材です。

反対に脂を多く含んでいる食材は避けた方が良いです。

しかしまったく食べないというのも体に悪く、ストレスにもなるため、ほどほどの量を食べることが大切になります。

市販のお菓子の代わりに果物を食べたり、毎日食べる野菜の量を増やすなどをしていきましょう。

ポイント③基本的なスキンケアを徹底する

最後にスキンケアについてのポイントを紹介します。

正しい洗顔だけではニキビをなくすことは難しいので、きちんとスキンケアを行うことが重要になります。

洗顔の部分でも書いたように、肌にとって天敵は「乾燥」です。

なのでもっとも大切なケアは「保湿」になります!洗顔後は皮脂もなく非常に乾燥しやすい状態なので一刻も早く保湿をするようにしましょう。

保湿成分が含まれている化粧水をたっぷり付けてあげるのがおすすめです。

大人ニキビは乾燥が原因になっていることが多いので、いつも以上に保湿を行ってください。

化粧水を押し込むように手でプレスすると浸透していきます。肌が手に吸い付くようになるまで保湿することが理想的です。

しっかり保湿をしたあとは乾燥しないよう、乳液やクリームで肌に蓋をすることも忘れずに行ってくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

大人ニキビを治すには高い基礎化粧品をちまちま使うのではなく、基本的な生活習慣を見直すことが何よりも大切なことなんですね。

今すぐ取り入れられる方法ばかりなので、自分のスキンケア方法について見直していきましょう。

しかし仕事が忙しい人などは生活習慣を変えることが難しい場合もありますよね。

そのような場合は専門のクリニックで治療してあげるという方法もあります。

自分の力だけではどうすることも出来なくなる場合もあるので、専門家に頼るのが1番です。

適切な治療を行う事でニキビ跡になる前に改善する事が出来るので、早めに相談してみましょう。

TOP