【お悩み別】エイジングケアで誰よりも若々しく

はじめに

皆さんは現在エイジングケアはされてますか?そもそもエイジングケアって何を指すのでしょうか?

今回はお悩み別にエイジングケアを徹底解説しちゃいますので誰よりも若々しくきれいになりましょう。

エイジングケアって?

エイジングケアとはよく耳にする言葉ですが、そういったものか皆さんご存知でしょうか?

「アンチエイジング」という言葉が流行りだし、自分の年齢通りの見た目ではなく、今よりも若々しく見られるための対策ということです。

しかし、そうはいってもお肌の衰えはどうしても食い止めることはできません。できませんが、肌老化を遅らせることは可能です。

ここではかくお悩み別に症状や効果的な対策方法、予防方法などをお伝えしていきます。

それではそれぞれのお悩み別に見ていきましょう。

 

お肌のしわのお悩み

皆さんの老化のお悩みで一番多いのがお肌のしわです。

お肌の老化と聞いてイメージするのは「お肌のしわ」であり、「お肌のしわ」と聞いてイメージするのは老化といっても過言ではないでしょう。

ではこのお悩みにはどのような対策が効果的なのでしょうか?

 

保湿

しわにはいくつか種類がありますが、原因としてもっとも多いのが乾燥になります。

ちょうど乾いた土の地面を想像していただくとわかりやすいですが、乾燥した土の地面はぼろぼろにひび割れていますよね?

それと同じように、お肌び含まれる水分が乾燥気味になりますと、肌表面の皮膚が細かくひび割れ、それが集まっていわゆる小じわになります。

しかし、これは一時的なものですので洗顔後の保湿ケアを念入りに行ったり、保湿成分の入ったパックを使用することにより元通りになります。

しかし、常に乾燥状態になってしまいますと表面だけでなく皮膚の深層までひび割れてしまいますと元には戻りませんので、乾燥対策の保湿は常日頃から気を付けましょう。

 

顔のエクササイズ

顔には何十種類という表情筋があり、それらを使って様々な表情を作り感情を表現します。

この表情筋は皮膚のさらに下にあるので、皮膚全てを使っているため、深層にできたしわが固定されないように表情筋を使用したエクササイズを行いましょう。

やり方は簡単です。

【あ】【い】【う】【え】【お】

を順番に言うだけです。

もちろんただ言葉にするのではなく、表情筋を意識してそれぞれの言葉の口の形になるようにしましょう。その際声は出さなくても大丈夫です。

これを10セット行います。一日5分程度で終わるのであとは継続あるのみです。

普段使わない顔全体の筋肉を動かすことで、血液の循環が良くなるので、血液や老廃物・水分が流れ、小顔効果にも期待できます。

 

ボトックスの注入

最近は世間でも認知度が高まり浸透してきたボトックス

ボトックスはたんぱく質の一種を筋肉の中に注入し、筋肉の動きを抑えることで、表情ジワなどを目立たなくさせることや、フェイスラインのシェイプアップなども期待できるといわれています。

一度注射をしたら効果が永遠に続くということはありませんが、一回の注入で2~3週間ほど保つことができます。

あまり長いように感じられないかもしれませんが、効果の程は年齢を重ねたことによるしわや、気になるほうれい線をしっかりとなくすことができることもありますので利用されている方は比較的満足度が高いようです。

世間でも認知度が高まり浸透してきたため、無料でカウンセリングをしてくれるクリニックも増えてきたので気になる方は一度カウンセリングを受けてみてもいいでしょう。

 

お肌のシミの悩み

お肌のシミはしわと並んでお悩みの方が多いです。

シミは環境によるものが多いですが、一度なってしまったものを完全に消すことは難しいでしょう。

しかし、これ以上増やさない、少しでも改善したい、完全に消したいといったお悩みの改善方法を紹介します。

 

ピーリングと美白化粧品

お肌には紫外線から肌を守るメラニンという色素を出す働きがあります。

このおかげで紫外線などによるお肌の負担を軽減していますが、これが定着してしまうとシミの原因になってしまいます。

お肌にはターンオーバーという古い肌から新しい肌に生まれ変わろうとするサイクルがありますが、そのサイクルに合わせてターンオーバーを整えるピーリングと、美白化粧品でのケアをすることにより改善することができます。

 

シミ改善に効果的な食べ物

ビタミンCは、美肌に欠かせない代表的なビタミンで、メラニン色素の沈着を防いで透明感のある美肌を維持する働きがあります。コラーゲンの合成を助けシワを防いだり、活性酸素の増加を抑え老化を予防する効果も期待できます。

・パセリ

・柿

・キウイフルーツ

・イチゴ

・レモン

 

ビタミンEには血流改善の効果があり、細胞の新陳代謝を活発にする働きがあります。

・アーモンド

・モロヘイヤ

・かぼちゃ

・卵黄

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

お肌のお悩みを中心にお伝えしましたが、アンチエイジングのためのアプローチは様々なものがあり、症状や体質によっても変わってきます。

自分が今どのような症状に悩んでいるのか、また、体質から今後どのような悩みが出てくるのかを正確に知り、その予防に努めるのがとても重要になってきます。

普段の生活で予防に努めるのは簡単ですが、それを継続するとなると難しいです。

美容クリニックで治療を受けるのは最後の手段ですが、自分の環境や体質から必要な対処法、施術など最適なものを示してくれることもあります。

専門家の指導を受けるほど大げさなものではないと思っていても気づいたときには・・・といったことにならないよう、普段のケアから徹底していくことがアンチエイジングにとっては大切になりますので心がけていきましょう。

 

TOP